【オパール化の希少な化石の販売】恐竜の歯の化石や三葉虫やアンモナイト

インテリアとしてで根強い人気のある化石。お手頃価格のアンモナイトや三葉虫、恐竜の歯や卵や骨など数が出てくる化石はかなり安く手に入ります。対して、なかなか購入できないのがこれ。1名限定で楽天市場で販売されているのですが。

博物館クラス 始祖鳥化石 中国産
小型の恐竜の化石?それともカルカロドントサウルスやスピノサウルスの子供や赤ちゃんの化石?

いえいえ、実は始祖鳥。中国政府が輸出規制かけてる関係で日本ではなかなか見ないですね。以前、アメリカやヨーロッパで化石を探した時もなかったです。

逆に日本でよく見かける化石といえば三葉虫や魚。特に多いのはアンモナイトですね。

アンモナイトは、恐竜が生きていた6500万年前、中生代白亜紀に生息していた、イカやタコの親戚です。

アンモナイトの化石は、化石鑑賞石としてはもっとも人気があります。値段も手ごろなものが多いのでコレクターの方も多い。しかも特定の鉱石から比較的大量に見つかるので、安い。

アンモナイトの種類について。主に販売されているのは大型の化石も多いペリスフィンクテス種やインエクイノーダム種、マミラータム種などです。 

たったいま販売されてる楽天市場の化石★最新検索結果一覧を見ても…ねっ、アンモナイトが多いでしょう?

ちなみにこれだけ化石が市場に流通するのは、基本的に学術的な希少な価値のある標本(例えば示相化石や生痕化石、石を割った状態のペア化石など)をみんながほしがっているというより、前述したように室内インテリアとして人気が高いからなんですね。

だから人気のあるのは、例えばアンモナイトでも見た目の美しいもの、例えばオパール化したものなんかはなかなか貴重です。宝石+化石、しかも目を見張るほど美しいアンモナイトもあり高額になるのはしかたないですね。

まあオパール化といっても宝石のオパールになっているわけではなく、鑑定するとアンモライト(これも宝石ですが)の化石がほとんど。つまりオパール状というほうが正確。そうはいっても普通の化石や方解石化したものよりは、やっぱり全般的にオパール化のほうが美しいですね。

流通している化石の種類。

海の生き物の化石だと貝や魚、三葉虫、アンモナイト、エイ、ウミサソリなんかはレアですね。陸上だと琥珀のなかに入った昆虫やマンモス、ナウマン象、果ては恐竜の歯や卵の化石のなども普通に販売されています。

さっき上で紹介した楽天のリンクから探すと、けっこうレアな掘り出し物が出てくるので化石が好きな方は、暇な時にでも探してみて下さいね。

このページの先頭へ